外国権利

−外国における知的財産権の取得や保護に関するご相談−

当所では、これまで世界各国の代理人と連携し、外国における特許権や商標権の取得を数多く経験してまいりました。

近年、中国やアジア各国をはじめとして、外国における知的財産権の取得や保護が重要視されるようになりました。
外国における技術(発明)やロゴマーク(商標)の使用、また他人に使用されてしまった事件等についてご相談ください。
 

特  許

外国での特許取得には、それぞれの国において取得申請を行う方法と、世界の多くの国が加盟している条約に基づき、一括で取得申請を行う国際出願(PCT出願)の方法があります。
1つの発明について、一度に多くの国へ申請を行いたい時は国際出願が有効です。

これまで当所が手続きを行った国 (一例)
 アジア  :中国、インド、韓国、香港、シンガポール、イスラエル、サウジアラビア
 アメリカ :アメリカ、カナダ
 ヨーロッパ:欧州連合(EU)、ロシア、イギリス、ドイツ、ノルウェー
 オセアニア:オーストラリア

商標・意匠

各国での取得申請と、多くの国が加入する条約に基づく一括登録、国際登録の方法があります。
お客様のご希望に基づき、最良の取得形式をご提案申し上げます。

これまで当所が手続を行った国 (一例)
(商標)
アジア  :中国、インド、韓国、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、フィリピン、
      インドネシア、タイ、ベトナム
アメリカ :アメリカ、コロンビア、アルゼンチン、ブラジル、チリ、メキシコ、ベネズエラ
中近東  :サウジアラビア、クウェート、トルコ、パキスタン、イスラエル
アフリカ :南アフリカ、エジプト、ケニア
ヨーロッパ:欧州連合(EU)、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、ポルトガル、ノルウェー、デンマーク、
      フィンランド、ギリシャ、ロシア、アイルランド、スロベニア、クロアチア、チェコ、
      スロバキア、ポーランド
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド

国際商標(マド・プロ)

(意匠)
アメリカ、中国、韓国、台湾、シンガポール、欧州連合(EU)、ドイツ

−国際商標登録のすすめ−

複数の国での商標登録をお考えの場合、国際商標登録が有効です。
通常複数の国で申請を行う場合、各国での手続が必要なため、取得する国の数だけ申請費用がかかってしまいます。
しかし、国際商標登録の場合、一度の申請で複数国における商標権が取得できますので、大幅なコストダウンを図ることができます。